企業コンセプト

松竹グループの新たな一員"松竹ナビ"!

「日本文化の伝統を継承、発展させ、世界文化に貢献する。」
「時代のニーズをとらえ、あらゆる時代に豊かで多様なコンテンツをお届けする」
松竹ナビ株式会社は松竹グループの一員として、本社が掲げるこれらのミッションをサポートする会社です。特に映画の分野においては、宣伝・タイアップなどのノウハウを持ったスタッフを中心に、宣伝業務の更なる向上を図り映画をヒットに導くことを目指します。

"松竹ナビ"の役割は部門を超えたシナジー効果の活性化

松竹グループは”演劇”と”映像”という2本の柱を基盤としつつ、タレント・マネージメントを担当する松竹芸能や歌舞伎、映画グッズの制作・販売、不動産事業など、多様な事業を展開しています。
松竹ナビのミッションは、各事業セクションの垣根を越えて、多彩なコンテンツを担当する各事業部門をつなぐパイプ役‐つまりナビゲーターとなることです。松竹の各事業部門を内側から活性化させてシナジー効果を高める。同時に、広く外部の企業や観客の皆様に向かって情報発信する事業を開拓していきます。

第三の新たな事業をクリエイトする"松竹ナビ"!

伝統の継承という使命を持った松竹株式会社は昨年120周年を迎え、その記念すべき年に松竹ナビ株式会社は始動しました。ITやエンタテインメントの世界で革新的なことが次々に起こる時代、世の中のシステムすら変わりつつあります。松竹ナビ株式会社は本社の揺るぎない企業理念を基盤としながら、更に時代に適合した新しいビジネススキームを提示します。
”演劇”と”映像”という松竹の2本柱。そこに新たな3本目の事業を創造すること、それが松竹ナビ株式会社の目指す大切なミッションだと考えています。